泣いても、笑っても同じ1日。それなら笑って過ごした方がいいでしょ?

馬場 美保さん


プロフィール

お名前馬場 美保さん
企業名 RTA指定スクール KaiLea
登録カテゴリー スクール講師・インストラクター
活動エリア 千葉県
FacebookIcon BlogIcon WebIcon

起業のきっかけ

現在小学校1年生の娘(第一子)が1歳になる少しくらい前に「ベビーマッサージをしてあげたい!」と思ったのが、活動のきっかけです。当時は近くにお教室がなく、もしかしたら私と同じように困っているママもいるかしら?と思って、お教室を開こうと決めました。


始めてみると、お越しになるママ達はお疲れな方が多いことに本当に驚きました。ママ達って子どもを預けてまで自分のために時間を使うことにとまどいがありますよね。そのことに気付いてからは、子連れで癒しの時間を味わっていただけるようにと、ヘッドスパ&リフレクソロジーサロンもスタートさせました。

 

ベビーマッサージを広めたい!という思い、子育てしながら自分のペースで働けることをいろんなママに見てほしい!という思いから、ベビマのレッスンやサロンに加え、起業したいママへ養成講座も行っています。子どもが小さい間は助走期間ですが、成長に合わせて活動を広げ、いろいろな働き方があることを伝えていきたいと思っています。

 

起業してよかったなと思うこと

学校や園の行事にすべて参加できることです。役員なども思い切って引き受け、子ども達とたっぷり関われる今の時期を楽しんでいます。そういう風に過ごせるのも、自分のペースで働くことを大切にしているからだと思っています。


けれど子ども優先だからといって、仕事を二の次にしているわけではありません。レッスンの生徒さんには「子どもの体調などによりお休みになることがあります」と事前に伝えてご了承いただいたり、イベントでのベビマ講師の予定がある日にもしものトラブルがあれば生徒さんに代理をお願いしたり、という風に前もって心構えを持って備えておくようにしています。困った時はお互い様の心で気持ちよく助け合えるように、日頃からママ友達、家族、生徒さんを大切にして心地よい人間関係を築いています。


自宅を中心にお仕事することは、子どもに働く背中を見せてあげられるところにも大きな意味があると思います。娘は仕事によく連れて行っていましたが、物心ついた頃に「(将来)なにか(ベビマ)の先生になりたい」といった時は、ママが頑張っている姿を見てくれているんだなと嬉しくなりました。これがきっと「背中育児」なんだなと実感しています。

平日一日のスケジュール
6:00起床
6:15主人、息子のお弁当作り
6:30朝食
7:00主人出勤、娘登校
洗濯、掃除など
9:00息子を託児へ
自宅をお仕事スペースへレイアウトチェンジ
10:00お教室・サロン・授業などスタート
14:00息子をお迎え
14:30娘下校
宿題など娘のお手伝い
16:30娘習い事へ
息子と買い物後、帰宅し夕食準備
18:00娘のお迎え
19:00夕食
20:00お風呂
21:00寝かしつけ
21:30主人夕食
22:00事務作業など
24:00就寝
 

プイライベートで一番大切にしている時間は?

私達家族は海が大好き!お出かけは海ってことが多いです。サーフィンしたり、釣りをしたり、泳いだりと、家族そろって海レジャーを満喫します。自然を味わえる海に行くと、完全にリフレッシュできます!


車で長時間移動する時、子どもがぐずって大変なことって多いですよね。そんな時もベビマは大活躍です。手遊びやお歌を歌うように、車内でもベビマでスキンシップをとると、子どもも気持ちを切り替えられるようで、にこにこ笑顔になりますよ!


家でのんびりしている時間も大切にしています。特に大好きなのは、寝かしつけの時間です。子どもが大きくなってくると成長痛で眠れないってことも増えてきますよね。ひざや足首などの関節を手で包み込むように温めてあげて、指の先をゆらゆら揺らしたり、つらいところを優しくマッサージするとやわらぎます。体が温まってリラックスさせてあげたところで、楽しくその日のことをおしゃべりしている内に、気持ちよさそうに眠りに落ちる・・・その瞬間がたまりません。愛おしい寝顔は、私の中の悪いものを全てすっ飛ばしてくれる気がします。

泣いても、笑っても同じ1日。それなら笑って過ごした方がいいでしょ?

01

『泣いても、笑っても同じ1日。それなら笑って過ごした方がいいでしょ?』


これは、共働きだった両親にかわって、私を育ててくれた祖母の言葉です。人生一度きり。良いことも、悪いことも、たくさんおこりますが・・・なんでもポジティブにとらえるのは、祖母から受け継がれている気がします。


起業も、役員も、自分のやりたいことも、ぜんぶ同じ。まずはやっちゃう!やらずに後悔するよりは、やった人にしかわからない経験を味わった方がいいし、思いもよらない学びがあったり先につながる機会になったりするから。たとえ面倒くさいと思うことも「どう楽しもうかな?」と考えたり、失敗しても「あーあ、こうなっちゃったか。じゃあこれからどうしよう?」と、視点を変えてみるようにしています。


私は仕事の他にパン、プリザーブドフラワー、革小物などやりたかった習い事をしています。自分の欲求に素直になって自分の一人時間を大切にすることで、心が満たされて余裕も生まれると思います。諦めないで自分が笑顔になれるように工夫する!今しかできないことを存分に楽しむ!その積み重ねで何事もきっとうまくいくと信じています。

‹ 起業Story一覧へ戻る

  • プレゼント情報、イベント・セミナー情報、お仕事求人情報などを、メールマガジンで配信中!

    mail magazin

  • powerwomen
  • ママの想いの赤ちゃんと家族の食プロジェクト