私の家庭と仕事のバランスのとりかた

小林 美子さん


プロフィール

お名前小林 美子さん
企業名 日本ベビーダンス協会認定ベビーダンスインストラクター
登録カテゴリー スクール講師・インストラクター
活動エリア 群馬県
FacebookIcon BlogIcon WebIcon

起業のきっかけ

ママになってからも、お友達とのランチや美容室代などは自分で払いたいなと思っていました。貯金も減ってきたけど子どもをどこかに預けてまで働きに出ようとは考えられなくて。以前保育士の仕事をしていたので、自分で子どもを見てあげたい、親子で一緒に居られる今を大切にしたいという気持ちが強かったのです。けれど、毎日毎日、一日中2人きりでいるのもストレスがたまりますよね。私も子どもも児童館や公園などでアクティブに過ごすのが好きだったので、自然な流れで「ベビーダンス」と出会いました。思いきり体を動かす感覚も心地いいし、子どもも気持ちよさそうにスヤスヤ眠ってしまって。

 

学生の頃はプロのダンサーで、出産するまで乳幼児専門の施設で働いていた私にとって、「コレだっ!」と運命を感じた瞬間でした。ダンスと赤ちゃん、好きなものが合わさったベビーダンスを仕事にしたいと思いました。子連れで活動できるところも自分の思いと一致していましたし、旦那さんも「いいんじゃない」と背中を押してくれました。それからベビーダンスインストラクターの資格を取り、自分が卒業した保育短大や市内の産院をあたってみたりして、教室を始める準備をしました。

 

起業してよかったなと思うこと

最初の頃、教室は月1~2回の開催でした。今では週4~5回と教室の回数も徐々に増やして行きました。子どもももう一人授かり、幼稚園に上がった長男とバトンタッチして次男との活動を楽しんでいます。出産後、育児で手一杯だったころにはこんな未来が待っているなんて想像もしていませんでした。私自身もレッスンを通してリフレッシュできるし、受講者とママ同士の情報交換やおしゃべりもできるし、「1人で頑張らなくちゃ」という感覚はなくなりました。イライラも減り、自分も子どももイキイキしている実感があります!関わる子ども達が抱っこ大好き、音楽大好き、お歌大好き、赤ちゃん大好き、ベビーダンス大好きになったことが何よりも嬉しいです。教室運営は全てが自己責任で、集客もブログを通して自分で発信しています。大変なこともありますが、アイデアは自由!これを取り入れたらママも赤ちゃんも喜んでくれるかな?なんて、工夫する楽しみと、実践して感じる手応えがあります。今後は、お試しでやってみたパパのベビーダンスの反響を受けてもっと開催してみたいと思っています。障がいがある子も楽しめるベビーダンスもやってみたいことの一つです。

平日一日のスケジュール
7:00起床 子供達の着替え、朝食準備
7:30朝食 片付け  洗濯干す 仕事の準備 幼稚園準備
8:40長男バスで園へ  掃除 メールチェック
9:00~
9:30
レッスン先に向けて出発
10:00~
11:30
ベビーダンス教室開催
11:30~
13:50
片付け お昼 帰宅 お昼寝(次男)教室ブログ更新
14:00園へお迎え
14:00~
17:00
買い出し 幼稚園の準備片付け 子供達と遊ぶ 夕食準備
17:15~夕食 入浴 本の読み聞かせ
19:00子供達就寝 メールチェックやブログチェック報告書など
20:00~
22:00
旦那さん帰宅 夕食準備  テレビ 団らん
23:00就寝
 

プイライベートで一番大切にしている時間は?

子ども達との時間はもちろんなのですが、旦那さんとの時間も同じくらい大切にしています。夜おしゃべりしたり、一緒にテレビを見たりというなにげないことがすごく嬉しかったりします。たまに子ども達を預けて二人でデートしたり。いくつになっても新鮮な気持ちを持っていたいなと思っています。気を許せる女友達とのご褒美ランチでガールズトークを思いっきり楽しむのも大好きです。あと、美容院に行くこと!雑誌をゆっくり読んだり、自分だけの時間を過ごせるのって貴重ですよね。


それから、自分の中で決めたマイルールがあって、「子どもと自分の誕生月はエステに行く!」ことにしています(笑)毎月は贅沢なので、年に3回のスペシャルケアです。行くのを諦めてほったらかしだと、お肌が荒れてしまったり、負がたまっている感じがするので、自分をメンテナンスしようと自分に言い聞かせて、とことん癒されに行きます。これでまた明日から頑張ろうって思えるんです。

私の家庭と仕事のバランスのとりかた

kobayashi_img

どんなに活動が広がっても、「一番は家族」という気持ちはずっと大切にしたいと思っています。子どもに我慢させたり旦那さんに嫌な思いをさせてまで働きたくない、働かないという自分なりのボーダーラインを引いています。基本的にレッスンは午前中のみにして、午後からはママ時間を大切にすることで、バランスをとっています。子どもの生活リズムにも気を付けていて、メール対応やブログ更新なども子ども達を寝かしつけた後にというマイルールを設けています。しっかり睡眠をとっていつも元気な自分でいることも、自分らしく育児と仕事を続けていく上でとても大切ですよね。また、子どもはどうしても風邪を引いたりするので、そういう時は心苦しいけれど教室を中止する勇気を持とうと思っています。以前子どもがRSウィルスにかかり入院したときも、付き添い入院と看病のためにしばらく教室をお休みさせてもらいました。ご理解いただけるだけでもありがたいのに、「再会を楽しみにしています」と声をかけていただき、感動しました。みんな子どもを持つママだから通じ合える温かさにいつも感謝しています。

‹ 起業Story一覧へ戻る

  • プレゼント情報、イベント・セミナー情報、お仕事求人情報などを、メールマガジンで配信中!

    mail magazin

  • powerwomen
  • ママの想いの赤ちゃんと家族の食プロジェクト