ママサポママ プロジェクトメンバー@埼玉
~こどもたちの笑顔はママの笑顔から~ 
1998年 森永製菓株式会社入社
赤ちゃん用ビスケット「マンナ」など、さまざまなお菓子のパッ ケージ企画やマーケティングを経験したのち、広告部(現コーポ レートコミュニケーション部)でCM制作やHP制作に関わる。
2008年 長女を出産。1年間の育児休暇ののち復帰。
2010年 現在のイノベーション担当に異動になり、新規事業 を担当。東京駅の?東京お菓子ランド? やお台場の?ダイバーシティ 東京プラザ? にあるアンテナショップ「おかしなおかし屋さん」 の立ち上げを行う。
森永製菓株式会社は「おいしく たのしく すこやかに」のビジョン のもと『世界の子どもたちに貢献する』という想いで企業活動を営ん でいます。
お菓子で子どもたちに笑顔を届ける、という通常の事業活動はもちろ ん、それ以外にも、子どもたちのすこやかな成長を願い、自然体験や 食育体験、スポーツ・音楽体験といった場の提供や、教育環境整備な どの社会貢献活動を行っております。

そうした森永製菓の想いと新しい事業として私ができること、するべ きこと、したいこと、を考えたところ「子どもたちの笑顔はママの笑 顔から」ということにたどり着きました。

そしてママの笑顔をつくるにはどうしたらよいかと考えつつ、私自身 の働くママとしての今までを振り返ってみると、色んな悩みを抱えな がらも、それを深堀する時間もなく、バタバタと毎日が過ぎているこ とに気づきました。では「他のママたちはどうなのだろう」と思い、 知り合いの働くママや地域のママにじっくりと話を聞きこんだ中で、 『ワーキングマザーを地域のママが支える仕組みづくりへのサポート』、 その中でも子どものための身近な地域の情報の必要を感じ、今回のサ ポートに思いいたりました。

『自分の子どもにはベストな選択をしてあげたい』

そんな想いは親である以上誰もが同じです。
でも実際自分にできているのかと思うとそうではありませんでした。
ある面では情報が多すぎて整理する時間がなく、ある面ではどこで情報をもらってきたらいいのかもわからず・・・実はそんな情報難 民の働くママがたくさんいたのです。

しかし、このサポート企画に思い至ったものの、どう進めたらよいか、ノウハウもなく、途方に暮れてしまいました。そんな時コッコ トの宮本さんと出会いました。そしてまだ数えるほどですが、ママフェスやパワーウーマンさんのミーティングに参加させていただき、 みなさんのパワーや行動力、推進力に感激し、共感しました。

・ママだからこそママの悩みがわかる。
・ママたちは自分が困ったり助けられた経験から、それを人に教えたり助けたりできる
・そしてそれを、スピードを持って組み立てて実行する
そうしたパワーを感じました。本当に日本はママパワーが動かすかもしれない、なんて…
まだこれからという企画ですし、みなさんとお話をする中で別の解決法が見つかるかもしれないです。 今後ぜひ輝くママであるみなさんと一緒に、一人でも多くのママの笑顔を作り出すことができたらと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。